子供虫歯予防はみんなやってる?おすすめ方法もチェック

子供虫歯予防おすすめ対策!子供たちが喜ぶその方法とは?

 

小さいときから歯に良いことを習慣づけることで、子供の虫歯を予防することはできます。みんながやっている予防方法には、どんな予防があるのでしょうか。おすすめの子供虫歯予防の方法についてくわしく調べてみましょう。

 

 

誰でもできる子供虫歯予防で効果が期待できるのは、食後の歯磨き習慣をつけることです。歯が生え始めた乳児は、自分で歯磨きができませんので、最初はお父さんやお母さんが、綿棒やガーゼで歯を拭いてあげるとよいです。

 

 

歯ブラシを口に入れることに抵抗がなくなってきたら、柔らかい歯ブラシで歯磨きしてあげます。自分で歯磨きができる年齢になってからも、しばらくは仕上げ磨きをしてあげて、磨き残しのないようにする必要があります。

 

 

毎食後に、正しく丁寧に歯磨きをする習慣をつけることが大事なので、歯医者さんで指導してもらうのもおすすめです。

 

 

子供の虫歯予防をするために、おやつにも気をつける必要があります。砂糖がたくさん含まれた甘いおやつを毎日たくさん食べていると、虫歯になるリスクは高まります。

 

 

ケーキやチョコレートよりは、おせんべいやヨーグルトの方が、虫歯になりにくいおすすめのおやつです。キシリトール100パーセントのチョコレートやキャンディなども、虫歯予防にはいいかもしれません。

 

子供虫歯予防おすすめ対策!子供たちが喜ぶその方法とは?

 

おやつは決まった時間に食べるようにして、だらだらといつまでも食べないようにしましょう。食べている時間が長いと、口の中は酸性の状態のままになるので、虫歯になりやすくなってしまいます。

 

 

歯を丈夫にするために、カルシウムやたんぱく質、ビタミンなどをたっぷりバランスよく摂ることも、子供虫歯予防につながります。

 

 

そしてしっかりとよく噛んで食べる習慣も、小さいときからつけてあげるとよいでしょう。よく噛むことで唾液がたくさん出るので、自浄作用が高まります。

 

 

また虫歯菌は大人の唾液から子供に伝染しますので、お箸やコップなど、家族の食器は共有してはいけません。

 

 

口移しで食べ物をあげたり、大人がかじった食べ物をあげたりするのもNGです。赤ちゃんの歯が生え始める前に、家族も虫歯菌を減らす工夫をすることも大切でしょう。

 

 

最近では子供虫歯予防に関心が高まっているため、自主的に定期健診を受けたり、指導を受けたりする人は大変増えているようです。

 

 

子供は乳歯が虫歯になってしまうと、進行が早い上に、永久歯も虫歯になりやすくなります。早いうちから子供虫歯予防を始めて、虫歯になりにくい口内環境を作ってあげることは、子供の大きな財産になるでしょう。

 

画期的な子供虫歯予防のブリアン歯磨き粉とは何なのか

子供虫歯予防おすすめ対策!子供たちが喜ぶその方法とは?

 

画期的な子供虫歯予防として、今とても注目されている歯磨き粉がブリアンです。ブリアンとは、いったいどんな歯磨き粉なのでしょうか。子供虫歯予防のブリアン歯磨き粉について知っておきべき事をまとめてみました。

 

 

ブリアン歯磨き粉が画期的といわれる理由は、成分にブリス菌という善玉菌が含まれているからです。配合されているブリス菌はBLIS M18といって、虫歯にならない子供たちの口にだけ存在する菌です。

 

 

たくさんの臨床試験でもその効果は報告されていて、口内環境を整えるのに役立つと定評があります。通常の歯磨き粉では、虫歯菌を完全に排除することは難しいといわれています。

 

 

しかしBLIS M18でブラッシングすることで、虫歯菌や歯垢が取り除きやすくなり、虫歯菌が繁殖しづらい環境を作ることができるのです。BLIS M18は細かい粒子なので、歯と歯の隙間の汚れも取りやすいというメリットもあります。

 

 

ブリアンは、BLIS M18を生きたままで口の中に存在させるために、殺菌剤を始め発泡剤や研磨剤なども一切使っていません。ですから口の中の善玉菌を死滅させることなく、増やすことができます。

 

 

添加物も入っていないので、小さい子供が舐めたり食べたりしても大丈夫なくらい、とても安心できる歯磨き粉です。菌の保護のため、粉状の個包装の使い切りタイプになっているので、衛生的にも優れています。

 

子供虫歯予防おすすめ対策!子供たちが喜ぶその方法とは?

 

使い方はお皿などにブリアンを出して、少し濡らした歯ブラシにつけて磨きます。歯が生え始めたばかりの子供には、ガーゼなどにブリアンをつけて拭いてあげると良いでしょう。磨いた後に口をすすがなくてもいいのでとても簡単ですよ。

 

 

ブリアンが子供虫歯予防として定評があるのは、子供の歯磨き嫌いが改善されるというところにあります。美味しいいちご味なので、子供が率先して歯磨きするようになったという、口コミがとても多いです。

 

 

子供の虫歯を予防するためには、小さい時から正しい歯磨きの習慣をつけることがとても大切です。特に乳児の間は、歯磨きが嫌いで泣き叫んだり暴れたりする子供も多いようです。

 

 

それがブリアンを使うとおとなしく歯磨きするようになり、お母さんのストレスも緩和されるようです。最も虫歯予防をすべき3歳未満の時期に、しっかり歯磨きできることが人気の理由なのでしょう。

 

 

ブリアン歯磨き粉は、口内環境を整えて虫歯予防をするため、2ヶ月以上は継続するのがおすすめです。公式サイトでは60日間の返金保証制度もありますので、安心してお試しすることができますよ。
→ブリアン歯磨き粉の公式サイトはこちらから

嘘に注意?子供虫歯予防のブリアンでよくある間違い

子供虫歯予防おすすめ対策!子供たちが喜ぶその方法とは?

 

たくさんの情報があふれているネット上には、正しい情報もあれば間違った情報もあります。子供虫歯予防のブリアンにも、嘘や間違った情報が流れていることもあります。ブリアンの注意すべき嘘や間違いについて、まとめてみましょう。

 

 

ブリアンは子供の虫歯が予防できる歯磨き粉として、たくさんのお母さんたちから評価されています。特に歯磨き嫌いの子供や乳幼児でも、美味しいいちご味のブリアンだと歯磨きしてくれると話題になっています。

 

 

しかし一方ではブリアンの良い口コミはステマであるといった、否定的な情報を目にすることもあります。ブリアンの成分であるブリス菌は、日本ではまだまだ知られていないため、フッ素入りの歯磨き粉を薦める歯医者さんも多いようです。

 

 

しかしブリス菌の虫歯予防効果は、臨床試験でも立証されていますので、効果がないと言い切ることはできないでしょう。

 

 

どんな商品でも使い方を間違えれば、効果は半減したりゼロになってしまったりします。ブリアンに含まれるブリス菌は、殺菌剤に弱い菌です。ですからブリアンを使った後に殺菌剤入りのマウスウォッシュなどを使うと、せっかくのブリス菌を殺してしまいます。

 

子供虫歯予防おすすめ対策!子供たちが喜ぶその方法とは?

 

またブリアンの使用目安量は、一日に2〜3包となっています。一日1回だけの使用で効果がなかったという口コミもありますが、まずは目安量のとおりに継続使用してみてはいかがでしょうか。

 

 

あまりブラシを濡らしすぎずに粉を付けて、2〜3分ブラッシングすることも大切です。効果がなかったという人は、使用法が正しくなかったり、注意事項をしっかり読んでいない可能性もあるということです。

 

 

ブリアンを使えば絶対に虫歯にならない、もしくは虫歯が治るという情報があるとすれば、それは嘘です。ごく初期の虫歯であれば、自己治癒力で治る場合もあります。

 

 

しかしブリアンは魔法の粉ではありませんので、進行した虫歯は歯医者さんに行かないと治りません。また虫歯の予防効果は立証されていますが、生活習慣等も原因しますので、絶対に虫歯にならないということもありません。

 

 

ブリアンを継続使用することで、虫歯菌や歯垢を減らして、口内環境を改善することで予防効果がでてきます。歯磨き嫌いの子供に、歯磨き習慣をつけることができるのも、ブリアンのメリットだといえます。

 

 

ブリス菌については、日本ではまだ知名度が低いため、その効果が嘘くさいという人も少なくないようです。専門家でも知らないことはたくさんありますので、正しい情報だけを得るのは難しいことかもしれませんね。

 

→ブリス菌について公式サイトで調べる