虫歯予防、永久歯に比べて乳歯は…。

永久歯に比べて乳歯は、象牙質やエナメル質等の厚さがおよそ半分くらいしかないのです。殊に歯を再び石灰化する力も乏しいため、むし歯の菌に軽々と溶かされてしまうそうです。

審美歯科に関わる診療では、「心配事は果たしてどういうことか」「どんな笑い顔を得たいのか」を余すところなく話し合うために時間をとることを基本にして発します。

びっくりするかもしれませんが日本は歯の病気予防においては後進国と言われており、欧米人に比べて、実際は日本人の歯の寿命が縮まってきています。ハナから歯の病気の予防に対して認識が異なるのでしょう。

人の歯の外側の生体で最も硬いエナメル質の真下の箇所より、口腔内環境の指針である酸性度が低くなりペーハー(PH)が5.5から5.7より弱まると、歯を形作るカルシウムやリンが溶出します。

PMTCを利用して、いつもの歯ブラシを用いた歯を磨くことでは消しきれない色素の汚れや、歯石とも異なる付着した汚れ、ヤニなどを美しく消し去ります。


通常の歯の噛み合わせは、時間をかけて咀嚼する事で上顎と下顎の歯が磨り減り、それぞれ異なる顎や顎骨の形にあった、オリジナルの噛み合わせがやっと完了します。

大人と同じく、子どもの口角炎にもいくつか要因が想定されます。殊に多いきっかけは、偏食及び細菌の働きによるものに分けることができます。

ここ最近ではホワイトニングを受ける人が増えていますが、そうした際に用いる薬剤が要因となって、歯が凍みる感じのする知覚過敏の徴候を引き起こす可能性があるのです。

一例として差し歯が黄ばんでしまう要因に想定される事は、差し歯の色そのものが黄ばむ、歯冠継続歯の周りの歯が黄ばんでしまったという2つの事があるのだそうです。

デンタルクリーニングというのは、歯周病の原因となる菌の殖えるのを予防する確実な方法だと、科学的にも証明され、単純に爽快というだけではないようです。


歯のカラーとは本来ピュアな白色であることはないことが多く、各々違いはありますが、ほとんどの人が持つ歯の色は、イエローっぽかったりブラウンっぽい系統に着色しているようです。

ホワイトニングの施術をしない場合でも、歯のヒビを放置すると、象牙質が破損してしまい、周囲の空気や口に入れた食物がかすめると痛みが走る場合が残念なことにあるのです。

口の開閉が原因の筋肉の緊張を減らし、歪んだ顎関節内の中を正常にするトレーニングを取り入れたり、顎関節の動作をより良くする医学的な動作を実践します。

口内炎が出る要因は、ビタミンが欠乏しているのがそれらのひとつなのは確かですが、必要なビタミン剤は手軽なサプリメントや、薬局でも購入できる医薬品の飲薬などとして数多く市販されています。

メンテナンスは、美容歯科の手当が終わりイメージ通りの出来だったとしても、なまけることなく継続していかなければ治療前の状態に逆戻りします。